【2021年9月22日更新】新型コロナウイルスに関するガルーダ・インドネシア航空の対応

Tanggapan Garuda Indonesia Terhadap Virus Corona Baru. Diperbarui Pada 22 September 2021

Tanggapan Garuda Indonesia Terhadap Virus Corona Baru. Diperbarui Pada 22 September 2021

【2021年9月22日更新】新型コロナウイルスに関するガルーダ・インドネシア航空の対応 【大切なお知らせ】 2020/6/12 現在の運航スケジュール(2021年9月22日現在) 2021年9月22日更新 新型コロナウイルス感染拡大に関する政府の取り組みや、諸外国の感染症対策の強化、需要減退等を踏まえ、現在、便数計画の一部を変更して運航しております。 ご利用のお客様は、運休や減便など、最新の運航情報をご確認いただけますようお願いいたします。 GA880/GA881便(デンパサール-成田) GA880便 デンパサール発 ⇒ 成田 2021年10月31日(日)まで運休 GA881便 成田発 ⇒ デンパサール 2021年10月31日(日)まで運休 GA874/GA875便(ジャカルタ-羽田) GA874便 ジャカルタ発 23:15 ⇒ 羽田 08:50 2021年9月22日(水)、24日(金)、29日(水) 2021年10月1日(金)、6日(水)、8日(金)、13日(水)、15日(金)、20日(水)、22日(金)、27日(水)、29日(金) GA875便 羽田発 11:45 ⇒ ジャカルタ 17:15 2021年9月24日(金)、26日(日) 2021年10月1日(金)、3日(日)、8日(金)、10日(日)、15日(金)、17日(日)、22日(金)、24日(日)、29日(金)、31日(日) GA882/GA883便(デンパサール-関空) GA882便 デンパサール発 ⇒ 大阪(関空) 2021年10月29日(金)まで運休 GA883便 大阪(関空)発 ⇒ デンパサール 2021年10月30日(土)まで運休 GA888/GA889便(ジャカルタ-関空) GA888便 ジャカルタ発 ⇒ 大阪(関空) 2021年10月29日(金)まで運休 GA889便 大阪(関空)発 ⇒ ジャカルタ 2021年10月30日(土)まで運休 ページの先頭に戻る ご搭乗の際のお願い 2021年9月22日更新 インドネシアへの外国人入国に際しては査証保持者の入国が再開されています(2021年9月17日現在)。 全ての搭乗客は入国に際し、搭乗前72時間以内の英語のRT-PCR検査の陰性結果書面、ワクチン接種証明書(全量-インドネシア人の方でワクチン接種が未だの場合到着後の接種が可能)、健康状態申告書(HAC)の提出が必要です。 ガルーダ・インドネシア航空では、電子健康状態申告書(eHAC)での登録を原則としています。 到着後8 x 24時間の政府指定の場所で検疫が必要です。 インドネシア国内のアンカサプラIIが運営する空港を利用する旅客は新型コロナウイルス感染症の検査・ワクチン接種管理アプリのプドゥリリンドゥンギ(PeduliLindungi app)をダウンロード(Android Google Play Store / Apple App Store)の必要があります。 プドゥリリンドゥンギ(PeduliLindungi app)のガイド(PDF・日本語版) ※このガイドはガルーダ・インドネシア航空運航便ご搭乗のお客さま向けに作成をしております。コードシェア便を含め、他社運航便をご利用のお客さまはご利用予定の運航航空会社にご確認ください。 ※ 入国にあたっての情報は予告なく変更される場合がございますので、必ず最新情報をご確認ください。 【2021/9/17掲載】外国人のインドネシア入国規制(査証保持者等の入国の再開) 【2021/9/3掲載(2021/9/17更新)】新型コロナウイルス関連の大切なお知らせ 42 ご搭乗にあたっては、パスポートと搭乗券に加えて、以下のご用意をお願いします。 医療機関が発行する英文の医療機関から発行された英語のPCR陰性検査結果書面。国際線は最長で72時間有効、国内線は最長14日間有効及びワクチン接種証明書。 有効なビザおよび必要書類 空港および機内ではマスクの着用をお願いいたします インドネシア国内線はすべてのお客様がご利用いただけるようになっていますが、目的地により必要とされる書類が異なります。 【日本入国に際して】日本政府による外国人の入国規制が行われています(当面の間)(2021年9月22日現在)。 2021年3月19日午前0時以降日本へ入国される方(日本人含む)は検疫法により出国前72時間以内のコロナウィルス陰性の検査証明書の提出が必要です。 出発国において、搭乗前に検査証明書を所持していない場合には航空機への搭乗を拒否されます。 また、2021年9月20日より、インドネシアから日本への入国時政府指定ホテルでの滞在が3日間必要になります。 【2021/3/11掲載】日本入国について検査証明書義務付けについて(2021年3月19日以降) 2021年9月20日午前0時以降より「水際対策上特に対応すべき変異株」と従来株を含むそれ以外の新型コロナウイルスの分類が見直され、インドネシアから日本への入国に際する措置の内容が変更され、すべての入国者及び帰国者については、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で3日間待機、入国後3日目に改めて検査を受け、陰性の場合、入国後14日間の自宅等待機となりました。詳しくは外務省のホームページをご確認ください。 【2021/9/22掲載】日本入国に際しての大切なお知らせ(2021年9月20日以降) また、日本へ向かう国際線利用のお客様は、予め厚生労働省の用意する「質問票Web」へアクセスして必要情報を入力し、入力後に発行されるQRコードを日本の到着地(羽田・関空)でご提示ください。 事前入力が完了していない場合は、日本到着後、検疫手続きに時間を要することがありますのであらかじめ登録・準備ください。 質問票Webへのアクセスはこちら 「質問票Web」のご利用方法/アクセスQRコード(PDF・日本語版)・(PDF・英語版) 厚生労働省・検疫所の質問票とFAQ ページの先頭に戻る ガルーダ・インドネシア航空の取り組み 新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、ガルーダ・インドネシア航空では、お客様と従業員の安全を第一にさまざまな対策を行っております。 ページの先頭に戻る skyteam logo スカイチーム ガルーダ・インドネシア航空はインドネシア初のスカイチーム加盟航空会社です

CYBER88 | Nasional --

Komentar Via Facebook :